Copyright (c) キャッシング一覧 All Rights Reserved.

マイストア

マイストア マイストア

マイストアブログです

サイト紹介クルーズページ

用語

仕掛品
(しかかりひん、英: work in process, in-process inventory)とは、工業簿記または企業会計において、製造途中にある製品のこと。原材料をいくらかでも加工してあれば仕掛品として認識される。半製品とは異なり、それ自身での販売や、交換価値を見込めないものを言う。勘定科目としての仕掛品勘定は、棚卸資産に分類され、流動資産である。プロジェクトマネジメント上は仕掛かり作業という意味になる。


貯蔵品
(ちょぞうひん、stores/supplies)は、勘定科目の一つ。流動資産に区分される。販売目的ではなく、社内で使用するための切手(通信費)、印紙(租税公課)、消耗品費などは購入時にいったん費用として計上するが、期末までに使用されずに残ったものについては、当期の費用とはせず、資産に計上して次期に繰り越す必要がある。その際、戻入れするための資産科目である。建設目的で購入した資材だが、他の用途に使うかもしれないものや、科目設定のはっきりしないものも貯蔵品とする。