Copyright (c) キャッシング一覧 All Rights Reserved.

サイト紹介エキサイト

サイト紹介エキサイト サイト紹介エキサイト

サイト紹介エキサイトブログです

サイト紹介クルーズページ

用語

仮払金
(かりばらいきん,suspense payment)は、勘定科目の一つ。流動資産に区分される。勘定科目や金額が不明の金銭を支払った場合に、それらが確定するまで一時的に使用する勘定科目である。従業員の旅費や、接待の際の概算額を支払うときなどに使用する。


繰延税金資産
(くりのべぜいきんしさん、英: Deferred Tax Asset)は、税効果会計を適用した際に認識される資産(借方項目)である。企業会計上の費用が税務上の将来減算一時差異(つまり、当期には税務上の損金と認められないが、将来時点では損金と認められる費用)として否認され、税務上の課税所得や納付税額が増加する場合に生ずる。言い換えれば、将来の会計期間に帰属すべき税金費用(損金)を当期に前払いしたと考え、これを繰延処理することにより生じる資産である。繰延税金資産は、企業会計と税務との一時的な費用(損金)に対する認識時期の相違(一時差異)を調整するための項目であり、交際費のように企業会計上の費用と税務上の損金との不一致が永久に解消されない永久差異については、繰延税金資産の計上が認められない。