Copyright (c) キャッシング一覧 All Rights Reserved.

消費者金融一覧

消費者金融一覧 消費者金融一覧

消費者金融の一覧です

消費者金融一覧ページ

用語

貨幣
(かへい、英: money)とは、商品交換の際の媒介物で、価値尺度、流通手段、価値貯蔵の3機能を持つもののこと。商品の価値尺度、交換手段として社会に流通しているもので、またそれ自体が価値あるもの、富として蓄蔵を図られるもの。物やサービスとの交換に用いられる「お金」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。貨幣とは、経済学上は、価値の尺度、交換の媒介、価値の蓄蔵の機能を持ったものの事である。


通貨
(つうか、英: currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値が保証された、決済のための価値交換媒体。政府は租税の算定にあたって通貨を利用する。モノやサービスとの交換に用いられるお金(おかね)を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣・硬貨(補助紙幣)であり、後者は普通預金・当座預金などの決済口座である。モノやサービスの価値は、流動的である。出来立てのパンは数時間経ったパンよりも高価であるだろうし、家政婦や理美容等のサービス料金は十分な経験を積んだものとそうでないものとで差があるだろう。また、昔はほとんど価値がなかったものが、逆に骨董品として高い価で取引きされる場合もある。いわゆる等価交換に際して、それらの流動的なものを何らかの形で具現化したものが経済の仲介物であり、通貨(お金)となる。貨幣が定着し流通しだすと、貨幣は通貨と位置づけられ、通貨制度として決まりごとをもつようになる。通貨制度は、各国のマクロ経済政策の運営・貿易・投資に対する規制に大きく関わっている。通貨の信用の裏付けは、国民が働いてモノやサービスを生産する能力に由来する[5]。政府は国民の労働力(の可能性)を国債にして中央銀行で貨幣と交換している。