Copyright (c) キャッシング一覧 All Rights Reserved.

素材フリー

素材フリー 素材フリー

WEB素材のフリーサイトなどです

素材フリーページ

用語

生命保険
(せいめいほけん)とは、人間の生存または死亡による損失を保障することを目的とする保険。すなわち、保険契約により、被保険者の生存または死亡を保険事故として保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生存を保険事故とするものが年金保険であり、死亡を保険事故とするものが死亡保険である。生保(せいほ)と略称される。日本では生命保険会社がこれを行っている。また、これとほぼ同様の商品として、郵政民営化以前に日本郵政公社が行っていた簡易保険や、農協や生協などの共済事業の中で生命共済の名称で取り扱われているものがある。生命保険会社では、他にも貯蓄や老後の保障といった幅広いニーズに対応するため、財形貯蓄積立保険や個人年金保険などの商品を取り扱っているが、これらも広い意味で生命保険と言える。


損害保険
(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance)とは、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。風水害などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故により生じた損害を補償するのが目的であり、保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が定められる。大きく分けて、自動車保険や火災保険などのノンマリン分野と、貨物保険や船舶保険などのマリン分野とがある。日本では、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもと個人から法人まで多くの者を契約対象に販売されているものが殆どであるが、火災共済など、保険業法以外に根拠法のある損害保険もある。